love is a four letter word

僕の住まいにはテレビがありませんので、普段はもっぱらラジオ(主にFM)を聞いているのですが、
年が明けてからでしょうか、あれ?いい曲だなと耳を澄ましてみるとジェイソン・ムラーズの新曲、 I won’t give up だったりするのです。
ということは、今年あたり新しいアルバムが出るのかなと期待していたら案の定リリースされました。
あっさり発売された印象ですが、なんと四年ぶり、四枚目のアルバムだそうです。

それにしても、、、このCDジャケットをはじめて見た時、
すぐさま頭に思い浮かんだのは80年代メンフィスグループの中心的リーダー、エットーレ・ソットサスです。
色づかいといい、カタチといい、なんだかちょっと時代を感じるなあ。
中身の音楽とはぜんぜん関係ないんだろうけど、
僕がまだ10代で「デザイン」という言葉を知りはじめた頃、グラフィックに限らずプロダクト製品も、こんなテイストが流行っていた気がします。

広告

ジェイソン・ムラーズ

天才シンガーソングライターなんて軽々しく言われると、すぐさま眉に唾をつけて見てしまうけれど、この「三十路男」は本当に天才かもという気がする。
最近はこの人の曲ばかり聴いている。
歌詞の内容も、まっすぐなものや、ユーモアとちょっぴりの含羞を包んだものがあったり、もうこれ以上ないくらい今の自分にぴったりとハマる。

新作が出たら迷わずレコード屋に走るであろう、そんな人。