リンゴマーク、あれこれ

つい先日のこと、京都にある接着剤屋さんにインターネットでボンドの注文をしている時、ノートパソコンに電気を供給する四角いプラスチックの部品から電線がショートするような「パチパチッ、ジジッ、、」と実に嫌な音がした。
あれ?と思い充電状態を知らせるLEDのランプを見ると、案の定消えている。気のせいかもしれないが、何か焦げたような不吉な匂いもした。ひょっとしてパソコンが壊れたのか、それとも電源アダプターが壊れたのか瞬時には判別できなかったのだが、コンセントを押しても引いてもランプが点かない。
給電が出来ないのだから充電池が切れたらパソコンがそれっきりになる。

電気を節約するためにノートパソコンを閉じて、メインで使っている古いデスクトップパソコンを立ち上げて、何のサポートもしなくなった古いブラウザでリンゴマークのアップルストアを覗いてみる。
もたつく挙動になんとか対応機種の充電用電源アダプターを見つけるが、驚いたことに税別ひとつ8,800円もするので卒倒しそうになった。ただのコンセントなのに、、、。
あらためて気持ちを切り替えて、今度はジェフ・ベゾス率いる帝国、アマゾンでサードパーティー製の代替え品がないかどうか根気強く調べてみると、なんと純正品と較べて1/5程度の値段で売られている商品もあり、おいおい、林檎ボッタクリだろ!と腹が立ってしまった。

困ったな、、、従順なリンゴ信者になって純正品を買うべきか、それとも安かろう悪かろうのどこぞの国でつくっているのかもわからないバッタもんを勇者のように買うか、、、なるべくお高いリンゴは避けようとパソコンの周辺機器は非リンゴで貫いてうまくやってきたのだが、よせばいいのに悩みに悩んだ。
しかし悩んでいても一向に物事は進展しないので、強気な値段だけどしょうがない、何かあった時の一年保証付きの純正品を結局アップルストアにひとつ注文した。
木工機械を自分で修理して電源につなぐ時の電気の恐ろしさを知ってしまったのも、その理由の一つでしょうか。

サブで使うパソコンとはいえ、インターネットがないとやっぱり不便だよなぁとぼんやり思いながら過ごしていたのだが、驚いたことに注文をした翌日の午前9時過ぎにはヤマトのいつものお姉さんが届けてくれた。異常なスピードである。
注文から24時間も待たずに自分の手元に届くのが当たり前だなんて思いたくない。

新しく届いたものであっけなく充電できるようになり、使えなくなったパーツを意味もなくバラしてみる。
充電中はかなり熱を発するのだが、基盤がアルミの遮熱板に包まれて、中はスシ詰め状態だ。半田付けした部品がグラグラしないように堅いシリコンで隙間を充填しながら固定されている箇所もある。
悲しいかな何の部品か一つとしてわからないのだが、一時が万事、パソコンも電話の中身もこんな風に細かいパーツでギッシリ詰まっているのだろう。

基盤の裏側。
遥か海の向こうで誰かが設計をして、そのまた遥か海の向こうの大陸で誰かがつくっていて(細かい作業ご苦労様です、、、)そのまた向かいの島の人間が、いびつに歪んだ世界だと思いながら能天気に200匁の玄能で叩いて割っている。

広告

ウェブは英語の世界

久しぶりに調べたグーグルアナリティクスの結果に腰を抜かし、携帯端末で見ることを最優先にしたカッコいいホームページをつくろうと思い立ったのが今から2年近く前。

英語をベースに目まぐるしい勢いであらゆるものが新しくなっていくウェブの世界というものは、僕が初めてホームページをつくった6年前とはすっかり様変わりし、HTMLの文法も構造も変わり、スタイルシートのプロパティも増えて見た目のスタイルも変わり、フラッシュも廃れ、何より大きさの違う端末に対応するためにつくり方や考え方そのものが柔軟に変化していた。

気持ちも新たに一念発起して「レスポンシブWebデザイン」と「これからのWebサイト設計の新しい教科書」という二冊の本を買い(これでホームページ関連で通算7冊買ったことになる)少しづつ勉強をしていくうちに世界の秀才プログラマー達が大挙して群がるギットハブなるものを知り、ジャバスクリプト、ルビー、サス&コンパスといろいろ勉強しなくてはいけない無理難題が噴出してきて、藁をもすがる思いで再び本屋に駆け込んでみれば、プログラマーの人しか手に取らない本がぎっしりと並んでいるコーナーに足を止めていたりして、
「おいおい、俺はメタ言語なんて勉強して一体何するつもり?」と我に返った日もあった。

ホームページ制作の途中、12年間を共に闘ってきた相棒でもあるパソコン、パワーマックG4がついにあの世に行き(爆竹が鳴ったような回線がショートする音のあとにウンともスンとも言わなくなる目の覚めるフィニッシュ)、もうアップルマークとは決別しようと思いながらも手持ちのソフトの関係で中古のマックミニを3万円で買い、ドリームウィーバーを夜な夜な立ち上げてみてはモニターと向き合い、失意とあきらめと悶絶と苛立ちとため息と嘆きと憎悪と憤怒の間にある目の疲れの果てに、とりあえずケータイ対応にはなったものの、全然カッコよくない中身スカスカのホームページが出来上がった。
結局、試行錯誤とすったもんだの末、本来使う予定だったブートストラップに見切りをつけて、ファウンデーションエッセンシャルというシンプルで軽いCSSフレームワークを使い、ペタペタと写真や文章をテンプレートに貼り付けて、実労4日程度の作業だった。
もう絶句の一言。

でも、、、これでいいのだ。

あと5年もすれば、再び何もかもすっかり変わってゆくことでしょう。
なんといってもウェブは英語の世界なので、我々日本人は新しいプラットフォームを開発できるはずもなく、海の向こうの世界を後追いで真似して楽しくやっていくよりほかありません。