ひたすらルーター仕事


制作過程をだいぶ飛ばし、ひととおり組み立てを終えて裏板とフレームの内側加工まで済んだところ。

いつだったか自作した曲線用の罫引き。
内アール、外アール兼用と欲張ったせいか、無骨さは否めない。

色の濃い材料を扱う場合、普通の鉛筆では墨線が見えないことが多く、白の硬質色鉛筆を好んで使っていたのだが、しかし、、、

この三菱鉛筆7700、なんと赤色以外2021年に原材料調達の問題を理由に生産中止。
当たり前にあって愛用していたものがいつの間にやらなくなっていたので、何か代替えできそうなものをいろいろ調べてみると、あの白鳥マークのスタビロが「平らなものであれば何にでも書ける。」のふれこみでタフな色えんぴつを力強く販売していた。さすがドイツという印象だ。
早速注文して試しに使ってみようとしたものの、ちょっと待てよ。
鉛筆などという文化の底支えをする道具を作れなくなっているこの状況って、一体何ごとだろうか。わざわざ外国製の硬い色鉛筆を使うことにどこか釈然としない部分もないことはないが、しかし思い返してみれば、自分はユニよりずっとステッドラーだった。
まあとにかく、何も考えずに早くスタビロを買ってみよう。

と、いうわけで、
くり抜いたフレームの内側をならい型にして、5mmオフセットベアリングをセットして、段欠き加工。

カタチがかたちだけに、木の繊維が断ち切れて木口状態になっている継ぎ手箇所が機械加工における一番の危険ポイントで、上コロビットの一発加工では危険すぎることもあり、何度かに分けてトリマーで少しづつ落として最終加工に移った。ちょうど雇いの3枚で組んだような仕口であることも手伝ってか、いつもより神経をつかった。

内側の加工が出来上がったら、こんどは一番最初に作ったMDF型を基準に、フレームの外側を加工する型を制作。
ハンドルーターの左の取っ手はクランプの邪魔になることが多く、いつだったかイライラして何の躊躇もなく捨てた。

こんどは40mm テンプレートに3/8″スリーエイス 8mm軸ビットで仕上げ。

その後ルーターテーブルに移り、下コロビットを取り付けてフレームの外側を加工。
エキゾチックな香りのする樹脂を多く含んだ木は、削りクズすら木材らしからぬ表情になるのは、その油分ゆえか。

先ほど切り抜いたコンパネの型を下にして、ビットに取り付けてあるベアリングに沿わせ外側を仕上げる。内側の段欠き加工同様、繊維が切れている継ぎ手箇所は要注意。

加工前と、加工後。
こうしてみると、自分のやっていることは製材された板の状態からさらに半分近くの材料をゴミとして捨てる仕事なんだとつくづく感じる。

楕円額縁の制作

まずはお客さんから預かった楕円形のアクリル板を原型に、6mm MDF材で1mmオフセットした少し大きめのコピー原型を制作。
このMDF型が後々の加工の際に一番重要な基準になる。


とにかく抜き型がたくさん必要になってくるので、ベニヤ板を接着剤で積層させて任意の厚みにする。
プレスの際にズレないように仮止めするマスキングテープ。

2〜3時間くらいプレス。
ベニヤづくりする際には欠かせない、大活躍の手作り木製プレス機だ。

切り抜いたMDFを原型に完成フレームの内枠を加工するための抜き型加工その1。

ハンドルーターに取り付けるテンプレートの数も限りがあるので、何回かに分けて加工。

同じような絵ばかりですが、先ほど切り抜いた型からさらに小さい型をつくる。
抜き型その2。

ルーターが転んだらおしまいなので、転ばないように真ん中に島をつくる。

ルーターに取り付けるテンプレットガイド径とビット径の組み合わせで、型板に対して何ミリカットするのかを決める。

手持ちのものは40、30、27、20、16、12、10の7種類。
マキタの小型ルーターは12ミリの一種類しか取り付けられないのはなんとも寂しい話だけれど、これらに新しいビットと研磨して寸法が変わったビットの組み合わせで加工する。

これでフレームの内枠を加工する型板がようやく完成。
アクリル板の原型からここまでたどり着くまでひたすらルーター仕事だ。

本番の無垢材を一発勝負するのはあまりにも怖すぎるので、12ミリのコンパネで試し加工。
先ほどと同様にルーターが転ぶと今までの仕事が水の泡なので、真ん中にならい型と同じ厚みの島をビス留めして安心安全の加工を心がける。

こんどはルーターテーブルに取り付けた上コロビットで先ほど楕円に切り抜いたコンパネの段欠き加工。

これでようやく預かったアクリル板が嵌め込める抜き型が完成した状態になる。

新年度とは全く関係ないですが、

春になったからだろうか、工房すぐ裏の用水路にオオバンが頻繁に来るようになり、鳴き声を聞くだけで「ああ、いるな、、、」と、わかるようになってきた。

見た目は真っ黒でカラスみたいな水鳥だし、別にこれといって特別な思い入れなど全くないのだけれど、変な偶然がたまたま重なり、今まで存在すら知らなかった水鳥と一緒に生きてゆくようになった。

脅かすように近づいてゆくと、水面を駆けてゆくように逃げていくので、そーっと近づいてよく見ると、コンクリート壁に生えている苔や藻をくちばしの先で突いて食べている。
自然の水辺に生えている水草を食べることを考えると、ちょっと気の毒になってくる光景だ。

音もなくスイーっと壁に近づいて、、、

無心につっつく。

武士は食わねど高楊枝といわんばかりの、いたって涼しい顔でまた次のターゲットに向かう。
たくましいよね。

10年以上前に盆栽で頂いたカエデも、気が付けば見上げるような樹高になり、今年も黄色い花が咲き始めました。

平かんな仕込んだ

左から寸二、寸四、二寸の平かんな。
早くやらなきゃと思いながら、長い間放っておいたものをお正月にまとめて仕上げた。
かんなの仕込みは毎回毎回やるたびに勉強ばかりで、次はこうしよう、次はああしようと学びが多く、完璧に100パーセント自分が納得できるものはなかなかできない。

「梅弘」関西の問屋銘のかんな。
ひょうたんの上のアマビエみたいな刻印は何だろう?


中古でありがちな、玄能で叩かれすぎて鉋身の頭がめくれていることが多いのですが、これも例外ではなかったので全部削ってスッキリさせた。

「信義」のぶよし?聞いたことない。
これは頭も側もめくれてベロベロだったので、原形をとどめないくらいグラインダーで成形した。
裏刃は柔らかく寄せたいので、なるべく耳は立てたくないのですが、すったもんだの挙句こんなカタチになってしまった。嗚呼、、、。

「三代目千代鶴 延国」
硬い玄能で裏刃を追い込んだ痕が細かく残っている。
これはうまく仕込めた。

二寸の台は集成材にした。寸八用の白樫しか持っていなかったので、幅が足りずフチ張りをするように側を足した。芯をよく見ると左側が荒い木目で、右側が目の詰んだもの。
素材との対話が足りていないのか、それとも良いものの完成イメージが足りていないのか、そのどちらかだろう。芯だからといって侮ることなかれ、交互に混ぜればよかった。

寸四のものは上下に薄板をサンドイッチしただけ。
接着剤分の重さが加わるので集成材の台は使いづらいだろうと思っていたけれど、あんがい重さ自体は気にならず、それよりも抜群の安定感で下端の調整が楽になるメリットの方が大きい。

寸二は白樫の無垢材だ。追い柾。
木材としては板目と言うのに、かんな台になった途端に柾目と呼ばれる不思議。
道具として本調子になるまでには使いながら微調整しながら、もう少し時間がかかる。

身近にあったクローン

近所のホームセンターでひとしきり悩んだ挙句、2度目の往訪で結局買ってしまった。
冬の時期になるとポット苗が店先に並んだり、庭に地植えした株も活動を始めて新芽が出てきたり、クリスマスローズに対する関心がなぜか再熱して今シーズンもやってしまった。思い切って購入したのはブラックパールと命名されたメリクロン苗だ。
手のひらに乗るほどの小さなポット苗にも関わらず、なんと657円の高値が付けられており、いつもだったら298円の苗が半額引きになって手が伸びるくらいだから、なかなかの決断だった。

丈夫で手間がかからないし、何といっても霜に強い植物なのがすっかり気に入って、4年前には専門書まで買った。
本の中で掲載されている写真も豊富でおまけにキレイ、お花の種類から詳しい育て方、そもそもの歴史から品種改良を始めたイギリス人女性育種家の話まで、もうお腹いっぱいの充実した内容になっていて、時々手に取って眺めたりしている。
その中で1ページほど割かれているのがメリクロン(成長点培養)と呼ばれる増殖方法だ。短期間で効率よく大量に増やすバイオテクノロジーのクローン技術のことだが、本書では決して「クローン」という不穏な言葉は使っていない。しかし、要するにクローンだ。ウイルス性の病気にも強く、審美的な面からも重宝される個体だけを人が厳選して全く同じ品質の優良株を大量に増やすことが可能で、お花の安定供給と普及に大きく貢献している技術とのこと。
そうか、園芸の世界ではすでにそんなことが公然と行われていて、身近な場所にヒタヒタと忍び寄ってきていることにも驚きだが、なにより人間の欲深さを覗き見るようで恐ろしくもある。
これが観賞用の小さな植物ならまだ許せる範囲なのかもしれないが、それが食用の野菜や果物、もっと踏み込んで魚や動物、例えばウイルスのせいで大量処分されるような鶏に適用されたら心痛むニュースもなくなるのだろうか、あるいは肉質も良く病気にも強い優良豚のクローン、、、。
試しに一度メリクロンなるものを買ってみようと思った。

もう一つ本の中で気づいたのが、古い葉っぱは切った方がよいとさまざまな場面で書かれていたことだった。確かに掲載されている写真のほとんどはお花が咲いている茎だけを残して、わさわさと茂る周辺の葉っぱを全部切り落として、スッキリとした株立ちの姿で咲いているものばかりだ。
そうか、古い葉っぱは切った方がいいのかと認識を新たにして、早速実践してみた結果、2021年冬の姿がこれだ。

あまりにも寂しすぎて哀れになってくるのだが、8号鉢に植え替えているので、3年目か4年目の株だろうか、春先に新芽がふたつしか出てこず、一本は風で吹き飛ばされて、残った一本は葉っぱが4枚の風前のともしびで、よく生きているなぁとさえ思う。
気付け薬か気休めか、固形化学肥料をドラッグのように施肥して、がんばれ頑張れと見守るしかない状態だが、この株はまだマシな方で、せっかく黒っぽい色の花が咲いて喜んでいた株に至っては、花が咲き終り、やがて花芽も枯れ、地上部分には茎一枚すら残っておらず、新芽が出るかなと観察していたものの結局何の変化も起きないまま冬を迎えてしまい、おかしいなと思い植え替えしようと鉢をひっくり返すと、根っこすら残っていなかった。
本を監修したエキスパートの方々を非難するつもりは全くないが、結果的に角を矯めて牛を殺すようなことになってしまい、ショックも大きかった。多少見栄えが良くなくても古い葉っぱが青いうちは、花が咲く茎ばかり残して古葉を全部切ったりせずに、それこそ適当に放っておかなくてはいけなかったのだ。

もったいなかったなぁ、、、あの黒紫の花好きだったな。一重咲きの下向きで咲いている姿、好きだったなぁ。白とか薄ピンクのぼんやりした色の花ばかりが咲く中で、いいアクセントになっていたよなぁ、と盛大な心残りがあった。
そんな傷心状態でたまたまホームセンターの店先で出会ってしまった禁断のメリクロン苗。種から交配した自然な実生苗とは異なる方法で培養されたものを実際に購入するというアクションを起こすことで、一体どんな因果がもたらされるのか、いまのところ全くわからない。ただ、ペットロスに新しいペットを迎え入れるように、ラベルに印刷された花がほぼ確実に咲くというクローン植物を手に入れたという顛末。
順調にいけば再来年の春ごろでしょうか、花が咲くだけが植物ではないけれど、はたして謳い文句どおりのお花がどんな様子になるのか、気になるところではある。