ZOOM飲み

昨今の新型ウイルスの蔓延により、学校も会社も在宅、在宅で実際のところみんなどうしてる?と、近況報告もかねてどこかで集まって、お酒でも飲みながらざっくばらんに聞きたいところですが、それが一番難しいご時世になってしまいました。
そんな折もあってか、僕の大学時代のスキーサークルの先輩から流行りのオンライン 飲み会なるものにお誘いいただいて、全くの初めてであったにも関わらず、自宅でたった一人思いのほか楽しむことができた。

合計6人での集まりで、午後8時から約2時間ほどでしょうか。見違えるほど大きくなったお子さん達もワイワイと登場して、自宅ゆえのゆるゆる感もたっぷりとあった。最後のほうはみんな歳のせいでしょうか、それぞれ親を見送るような人生の時期に差し掛かり、今度親に会う時はこれが最後かもしれないと思って接したほうがいいよと、最近お母さまを亡くされた先輩からの言葉でお開きになった。
毒にも薬にもならないような話もいいけれど、誰の身にも避けがたく迫ってくる親の死というものに対して、自分自身にも心当たりのある実感のこもった言葉であっただけに、しんみりとした気持ちでZOOM飲みという会を終了した。

この侘しさ、写真から伝わってくるでしょうか。
養生テープに食べかけのチップスター、食い散らかした残骸。
右手に映る4インチの液晶画面が、祭りのあとのやぐら提灯のようです。
いつもの日常の中に、それぞれ別々の空間にいる人達が奇妙に溶け合い言葉を交わし、ひとたび液晶画面の終了ボタンをタッチすれば急転直下で日常に戻る。
ふと我に帰ったように再び一人になり、なんだか消化不良のようなやり切れない気持ちになって、ますます酒でも浴びたくなるのは一見無駄とも思える移動の時間がスッポリと欠落しているからでしょうか。
ゆっくりと気持ちをほぐすように熱い風呂に入ったり、しばらく歩いて外の風に当たったり、何かしらの心を整えるつなぎの時間が必要だ。

以下、機材に関する所見。

この端末は早々にイヤホンジャックが壊れてしまい(お高いのに壊れがちなリンゴマーク!)大きな音で音楽を聞きたい場合は無線で音を飛ばすしか方法がなくなったのですが、いつものようにブルートゥースで外部スピーカーから音声を出力しようと試みるものの、ZOOMアプリではなぜか外部スピーカーを認識できず、一旦ブルートゥースを切断してipod内蔵の超極小スピーカーに切り替えたとたんに先輩諸兄の声が聞こえてくる。
しかし、その音声は注意深く耳を傾けないといけないもので(ひょっとしたらそれが標準なのかもしれない)もし次回、同様の集まりがあるとするならば、この小型端末ではなくパソコンを使用してカメラやマイクの機材を整えたほうがより快適な通信が望めるのではないか。さらに欲をいえば、この4インチ小型ディスプレイでは、写っている人の顔などは虫眼鏡で見ないことには到底確認することなど出来ないサイズになってしまい、6人での飲み会ともなれば画面に全員収まりきらずスワイプして見切れている人の様子を確認する必要性も生じてしまう。いくらクイック&イージーで始められるZOOMとはいえ、今の自分の機材環境ではいささか不十分と感じる点も判明した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中