板材の鉋がけ

二枚の板をハギ合わせた箇所に残った接着剤をスクレーバーで落としてから、鉋がけに移ります。

雨が降って下端の調子が狂って、なんか調子悪いなぁ、とか。
刃の仕込み具合が左右で違って、まっすぐ刃が出てこないなぁ、とか。
ぜんぜん逆目が止まんねーなぁ、と思っていたら刃口が開いていた、とか。
なんで鉋屑が詰まるんだよ、とよく見たら裏刃の耳の当たり具合が変わってカチャカチャ音がする、とか。

デリケートな道具だけに普通に調子良く使える状態になるまでには、あれやこれやと本当に世話が焼けます。

鉋は台が重要なのですが、刃の方はどうでしょう。
ストレートエッジを先端部分に当てて見ると、真っ直ぐではなく微妙なカーブをつくっている。

拡大してみると刃の両側に隙間があるのがわかるでしょうか。
板材を削る場合はこのカーブのさじ加減が難しく、やり過ぎもいけないし、まっすぐもいけない。

削り屑の中央部分から両端にいくにつれて薄くなるのが理想の削り方で、それをもう少し薄くする、さらに頑張ってもう一段階薄くする、と進めていくと、仕上がりに近づいていきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中