板材のハギ合わせ

台を少し長めにして仕込んだ小鉋。
一寸一分くらいの板材をハギ合わせる場合は小鉋でハギ面をつくります。

チェリー材。
二枚の板を合わせる面を鉋で削ります。

ハギ合わせの方法はたくさんありますが、いわゆる「芋矧ぎ」です。
慌ててビスケットを入れて失敗したり、本ザネにしてハギ面が永遠に決まらなくて失敗したり、今までさんざん泣かされてきて、最終的には芋ハギが良いです。

接着剤をローラーで塗布。
すぐに乾くボンドなので手早く作業を進める。

二枚の板を合わせた部分がズレないように注意しながらクランプで締めていく。

下から締めたクランプ、上から締めたクランプがバランスよく接着面に力が加わるようにする。

ストレートエッジで平面であるかどうか確認してハギ作業は終了。
ただでさえ重い無垢材に鉄のクランプが加われば重いに決まっている。これを持ち上げて移動させている間にギックリ腰になる可能性は大いにある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中