突然壊れたパソコン2

さっそく壊れたパソコンを修理するために、予約した時間に合わせて有楽町へ向かう。家電量販店によくある人とモノが入り乱れた喧騒の売り場をいくつもかいくぐり、修理受付がある7階へ辿り着くとカフェが併設してあるカウンターがあった。
念のためにバックアップも取ってあるし、取り立てて慌てる必要もないのだけれど、やることが山積している中でわざわざ持ち込み修理をお願いしていること自体に、なんとなく気持ちが焦っている。
予約の旨をカウンターにいる白いポロシャツの男性に伝えると、「こちらで少々お待ちください」とアイフォンの修理をお願いしている若いカップルの隣の席に案内され、5分ほど座って待っていると「私がお伺いします」と先ほどのポロシャツ男性が挨拶をする。なんだかちょっと白々しい感じもしたが、鞄からパソコンを取り出して、現在の状況と故障箇所が判明すれば部品の交換をしてもらうように伝える。
例によって電源ボタンの長押しから始まり、おなじみのSMCリセットやらPRAMクリアーやら色々試してもらうのだが、相変わらずパソコンはウンともスンとも言わず「こちらで詳しく見てみますので、万が一のためにバックアップはとってありますか?」と男性は鷹揚に確認して、ゆったりとした動作で奥のドアに消えた。

奥といっても天井や壁の形状から推察すると、ドアの向こうはせいぜい大人4人がタバコを吸うくらいの細長いスペースしかなく、その狭い空間で一体何を診断するというのだろう? 大抵は修理待ちの端末や引き取り待ちのパソコンがスチール棚に所狭しと並んでいたり、細かい部品をつまむニッパーやらペンチやら道具の数々と、何の書類だかわからない書類やファイルが雑然と置かれた雰囲気の中で、ホコリを飛ばす小型コンプレッサーの音など聞こえたりするものだが、奥の小部屋はシンと静まり返っている。ほんとうは修理といっても実はただの窓口で何もしていないんじゃないかと薄々感じながらさらに10分ほど待つ。
多少の期待もあっただろうか、修理すれば直ると思い込んでいたフシもあっただろうか、ポロシャツ男性が奥のドアからゆったりと出てきて、原因がわからないので修理センターに出すことになるといい、金額を尋ねると絶句の63,800円という返事。先日のサポートセンターでの電話であらかじめ聞いていた話とは全く逆の内容で、ネジを一本交換しただけでも一律53,000円をむしり取るアップルの金額よりもさらにマージンをのせた金額をいけしゃあしゃあと言うので、果たしてそれが税別なのか税込みなのかも一瞬で聞く気が失せてしまった。
「ノートパソコンの寿命は4〜5年って言われているんですよ〜」と追い討ちをかけるような言葉に心もポッキーのように折れて、やっぱり買い替えを検討してみます、、、と声を絞り出して席を立った。

別にサポートセンターの電話の人も、ゆったりとした白いポロシャツの男性も、決められたマニュアル通りにきちんと仕事をしているだけで、独りよがりの妄想を膨らませた変な客から勝手に腹を立てられるようなことは何一つしていないのだ。そりゃそうだ。落胆をため息と不安と焦りがごちゃ混ぜになった気持ちで、五階のアップルストアに並んだピカピカのパソコンと値札をひととおり交互に見て、別の売り場のエイスースやらレノボやらもなんとなく眺めて、結局何も買わずに人とモノが錯雑した喧騒のビルを後にした。

帰りの電車の中でいよいよ頭を冷やし、この際は製造販売元であるアップルに下取りしてもらい、何でもいいから買い替えの足しにするのも一案と考え、ものは試しとばかりに下取りを申し込むと下記の結果。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中