リンゴマーク、あれこれ

つい先日のこと、京都にある接着剤屋さんにインターネットでボンドの注文をしている時、ノートパソコンに電気を供給する四角いプラスチックの部品から電線がショートするような「パチパチッ、ジジッ、、」と実に嫌な音がした。
あれ?と思い充電状態を知らせるLEDのランプを見ると、案の定消えている。気のせいかもしれないが、何か焦げたような不吉な匂いもした。ひょっとしてパソコンが壊れたのか、それとも電源アダプターが壊れたのか瞬時には判別できなかったのだが、コンセントを押しても引いてもランプが点かない。
給電が出来ないのだから充電池が切れたらパソコンがそれっきりになる。

電気を節約するためにノートパソコンを閉じて、メインで使っている古いデスクトップパソコンを立ち上げて、何のサポートもしなくなった古いブラウザでリンゴマークのアップルストアを覗いてみる。
もたつく挙動になんとか対応機種の充電用電源アダプターを見つけるが、驚いたことに税別ひとつ8,800円もするので卒倒しそうになった。ただのコンセントなのに、、、。
あらためて気持ちを切り替えて、今度はジェフ・ベゾス率いる帝国、アマゾンでサードパーティー製の代替え品がないかどうか根気強く調べてみると、なんと純正品と較べて1/5程度の値段で売られている商品もあり、おいおい、林檎ボッタクリだろ!と腹が立ってしまった。

困ったな、、、従順なリンゴ信者になって純正品を買うべきか、それとも安かろう悪かろうのどこぞの国でつくっているのかもわからないバッタもんを勇者のように買うか、、、なるべくお高いリンゴは避けようとパソコンの周辺機器は非リンゴで貫いてうまくやってきたのだが、よせばいいのに悩みに悩んだ。
しかし悩んでいても一向に物事は進展しないので、強気な値段だけどしょうがない、何かあった時の一年保証付きの純正品を結局アップルストアにひとつ注文した。
木工機械を自分で修理して電源につなぐ時の電気の恐ろしさを知ってしまったのも、その理由の一つでしょうか。

サブで使うパソコンとはいえ、インターネットがないとやっぱり不便だよなぁとぼんやり思いながら過ごしていたのだが、驚いたことに注文をした翌日の午前9時過ぎにはヤマトのいつものお姉さんが届けてくれた。異常なスピードである。
注文から24時間も待たずに自分の手元に届くのが当たり前だなんて思いたくない。

新しく届いたものであっけなく充電できるようになり、使えなくなったパーツを意味もなくバラしてみる。
充電中はかなり熱を発するのだが、基盤がアルミの遮熱板に包まれて、中はスシ詰め状態だ。半田付けした部品がグラグラしないように堅いシリコンで隙間を充填しながら固定されている箇所もある。
悲しいかな何の部品か一つとしてわからないのだが、一時が万事、パソコンも電話の中身もこんな風に細かいパーツでギッシリ詰まっているのだろう。

基盤の裏側。
遥か海の向こうで誰かが設計をして、そのまた遥か海の向こうの大陸で誰かがつくっていて(細かい作業ご苦労様です、、、)そのまた向かいの島の人間が、いびつに歪んだ世界だと思いながら能天気に200匁の玄能で叩いて割っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中