漆の仕事を振り返る

木裏からプレーナーをかける。
多少のねじれがあるので、ストレートエッジで傾きを確認しながら平面を出してゆく。

なるべく板の長さを優先するため、落としきれなかった木口割れを手当てする。
裏側から板厚の1/2〜2/3ほど彫り込み、蝶ネクタイ型のチギリを入れる。

旋盤のみ。

親指ほどの太さのスピンドルガウジがいつも足りないと感じているので、今度こそは買うと決めた!
いっぽう一番大きいスクレーパーの出番は、残念ながらほとんどない。

中には削っている途中で節っぽい箇所も出てきますが、これは使えません。

真ん中の脚部は通しほぞにしたので、現物でバランスを見ながら図面よりも少し太めの直径にした。
胴付き部分の深さは浅いところで約2ミリ。

摺り漆をして、出来上がり。

あんまり重苦しくならないように心がけて手を動かしていても、
やはりというべきか、角度を変えて見れば摺り重ねた漆が醸し出す独特の腰の重さというか、存在にぐっと厚みが出る。
ひと言でいうと、重厚だ。

最後の仕上げ用にと用意した日本産の生正味漆200gチューブもあっという間に使い切るような大きさでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中