続 漆の仕事

艶も上がってきて素晴らしい木目が現れてきたのだか、ここは木目ではなく、やはり杢(モク)というべきなのだろう。
木の繊維に光沢がある樹種は特に顕著なのだが、見る角度によって妖しく光を反射して、摺り漆が木の魅力を最大限に引き出してくれる。
自分で仕事していてバカみたいだが、うっとりするような恍惚感に浸る瞬間がある。

研いで、塗って、拭き取って、そして乾かして。
文字にすると、たったそれだけの事なのに、入り組んだ箇所が多いと想像以上に時間がかかる。
とにかく、清潔感のある仕上がりを心がけよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中