帯状疱疹、その後

わりと早めに抗ウイルス薬を飲み始めていたにもかかわらず、背中のちょっとした虫刺されのような発疹からあっという間に手のひらをいっぱいに広げた大きさになり、それからどういうわけか右側に勢力を拡大して脇腹へと進み、四、五日後にはなんと「みぞおち」にまで達し!右半分の胴体部分は大きなサメに何度も噛み付かれたような状態になってしまった。
最初はまだ我慢できるほどの痛みで、病気になったことを言い訳にして開き直って本など読んでいた。

ところが、診察から10日ほど経過したあたりだろうか、火傷した時の皮膚がヒリヒリする痛みと、何か鋭利なもので刺すような神経痛がいよいよ激しくなり、右腕を動かすたびに背中がもう痛くて痛くて、処方してもらった疼痛時に服用するカロナール錠を飲んでも全く効き目がなかった。そのうち発疹の終着点である胸部からの神経痛も始まり、背中、胸、ヒリヒリ、背中、痛い、、、。
一日中ひっきりなしで襲う痛みに何もできなくて、泣きつくように黒縁メガネの女医さんのもとへ駆け込み、トラムセット配合錠(強い痛み止め)を処方してもらったのだが、これがおそらく合わなかった。
オピオイドという麻薬の成分が入っている薬らしいのですが、痛みが本当に緩和されているのか、もしくはプラシーボ効果で効いているつもりになっているのか、イマイチよくわからない感じで、そのうち胃腸や内臓も弱って食欲もすっかりなくなり、食べていないのに吐き気まで催すようになり、命を落とす重篤な病気を疑うようになってしまった。
帯状疱疹はその不吉な前触れに過ぎないのではないかと。

この頃は気持ちも落ち込んで自信もなくし、今更ながら病室で過ごす人の気持ちもわかるようになり、まあとにかく痛くて何をするのも億劫で起きている時間よりも寝ている時間の方が長かった。
幸い6月は天気も良くて明るく過ごしやすかったせいで、超スローぺースでやりながらもどうにか生き延びることができ、ありがたいことに注文の座卓が出来上がっていないことを説明すると、現金で前払いしてくださった方もいた。なんといってもしんどい痛みよりも自分の気持ちが後ろ向きになるのが一番辛かったかもしれません。

日にち薬なんて言葉があるけれど、散々悩まされ続けたしつこい神経痛も、ひと月以上経過した今ではほどんどなくなり、散発的に思い出したように背中が痛むと、
ああ、そういえばこんな痛みだったな、、、。
と、一生に一度だけと言われる病気だけに、今は懐かしいような愛おしいような気持ちになる。
けっきょく、過労とかストレスとか頑張りすぎが原因らしいけれど、そんなこと言っても頑張らなきゃ仕方ないだろと思う気持ちに何ら変わりはなく、自分の人生を諦めるわけじゃないけれど、精一杯やった先に何か大きな障害が待ち受けていたとしても、こればっかりはもう仕方ないと思う。

なにはともあれ、、、自分が思っているほど人は自分のことを思っていないとわかっているものの、心配して連絡をくれる方が何人もいました。
目覚ましい回復とは決して言える状態ではありませんが、少しは元気になってます。

広告

帯状疱疹、その後」への1件のフィードバック

  1. ・・・。

    長いこと、生きてるとそんなもんだよ。最近は、老眼との戦いだ。見えないのは、つらいし、くやしいし、やるきでねぇ~し、認めたくないもんね。
    でりけいとな、年頃だね。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中