ウェブは英語の世界

久しぶりに調べたグーグルアナリティクスの結果に腰を抜かし、携帯端末で見ることを最優先にしたカッコいいホームページをつくろうと思い立ったのが今から2年近く前。

英語をベースに目まぐるしい勢いであらゆるものが新しくなっていくウェブの世界というものは、僕が初めてホームページをつくった6年前とはすっかり様変わりし、HTMLの文法も構造も変わり、スタイルシートのプロパティも増えて見た目のスタイルも変わり、フラッシュも廃れ、何より大きさの違う端末に対応するためにつくり方や考え方そのものが柔軟に変化していた。

気持ちも新たに一念発起して「レスポンシブWebデザイン」と「これからのWebサイト設計の新しい教科書」という二冊の本を買い(これでホームページ関連で通算7冊買ったことになる)少しづつ勉強をしていくうちに世界の秀才プログラマー達が大挙して群がるギットハブなるものを知り、ジャバスクリプト、ルビー、サス&コンパスといろいろ勉強しなくてはいけない無理難題が噴出してきて、藁をもすがる思いで再び本屋に駆け込んでみれば、プログラマーの人しか手に取らない本がぎっしりと並んでいるコーナーに足を止めていたりして、
「おいおい、俺はメタ言語なんて勉強して一体何するつもり?」と我に返った日もあった。

ホームページ制作の途中、12年間を共に闘ってきた相棒でもあるパソコン、パワーマックG4がついにあの世に行き(爆竹が鳴ったような回線がショートする音のあとにウンともスンとも言わなくなる目の覚めるフィニッシュ)、もうアップルマークとは決別しようと思いながらも手持ちのソフトの関係で中古のマックミニを3万円で買い、ドリームウィーバーを夜な夜な立ち上げてみてはモニターと向き合い、失意とあきらめと悶絶と苛立ちとため息と嘆きと憎悪と憤怒の間にある目の疲れの果てに、とりあえずケータイ対応にはなったものの、全然カッコよくない中身スカスカのホームページが出来上がった。
結局、試行錯誤とすったもんだの末、本来使う予定だったブートストラップに見切りをつけて、ファウンデーションエッセンシャルというシンプルで軽いCSSフレームワークを使い、ペタペタと写真や文章をテンプレートに貼り付けて、実労4日程度の作業だった。
もう絶句の一言。

でも、、、これでいいのだ。

あと5年もすれば、再び何もかもすっかり変わってゆくことでしょう。
なんといってもウェブは英語の世界なので、我々日本人は新しいプラットフォームを開発できるはずもなく、海の向こうの世界を後追いで真似して楽しくやっていくよりほかありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中