幕板の接着

ゆったりとした曲面をつくるために、段階的に面取りしながら鉋で削り、

ホゾをつくり、

接着するための当て木をつくり、

一晩接着して、

長手幕板の接着に進みます。

突然壊れたパソコン、さよならマックブック

買い換え時に下取りを申し込むと最大いくら値引き!だなんて、ホームページで大々的に宣伝しているにもかかわらず、いざ下取りをお願いしたらゼロ円だなんて人をおちょくるのもいい加減にしてくれ。もう金輪際リンゴマークとはおさらばだ!と、はじめは怒り心頭に発していましたが、冷静になって考え直してみれば図面も書類もウインドウズで一からつくり直すのは相当骨の折れる作業だし、だいいちそんな時間あるかな?と思い直し、今使っているソフトやデータをそのまま使えるのはマックしかないという事実を仕方なく受け入れることにした。
中古でも構わないので、もう一度同じノートを買うことも考えたのだが、二つほど気に入らないことがあり、その一つは液晶モニターだった。

買ってからすぐの段階で早々に気付いたのだが、モニターを見続けていると目の奥が痛くなってくるのだ。おそらく金属を溶接する時のアークを直視した時のような可視光の青光(ブルーライト)が出ているのだろう、何か人体に有害な光にばく露していることはほぼ間違いない。このパソコンに限って言えば特に痛くなるので、ブルーライトカットの眼鏡も買ったりしたのだが、いちいち眼鏡をかけることの煩わしさや、メガネ越しにモニターを凝視すると文字などの像がわずかにずれてぼんやりすることなど、それはそれで気になることもあった。とにかく最小限の明るさで事務作業しようといつも気にかけていたにもかかわらず、目が痛くなる問題は最後の最後まで解決に至らなかった。
それともうひとつ。
どこにでも持ち運べるのがノートパソコンの最大の強みであり、wifiが繋がる所であればインターネットさえも出来るパソコンではあったけれど、自分にとってはこの利点が逆に裏目に出て、夜中にダラダラと寝転がってインターネットテレビの将棋中継を見るようになった。
もともとテレビのない生活をずっとしてきたところに図らずもテレビのようなものが突然見られる環境になり、目が痛いのにパソコンを閉じる頃には自己嫌悪に陥ることもしばしばあった。別に天才中学生棋士が勝とうが負けようが自分には一切関係ないことなのに、布団に入ってからも勝負のゆくえが気になって、変な姿勢で見ているせいか肩凝りまでひどくなった。このままでは自分の人生まで奪われるようで、金輪際ノートはやめよう!と決心して、修理もせずにPCリサイクルに出すことにした。

まるで買ってきたばかりのよう。

ダンボールも大事に取ってありました。

どんなかたちでリサイクルされるのか、最後まで見届けたい気持ちもありますが、適切に取り扱われることを信じて郵送した。
買い換えて一年半の電源アダプターは、もったいないのでヤフオクに出品して、寛大な人に有効活用してもらった。

まずは手持ちのiPodを操作してアップルのホームページ下にある「整備済製品&旧モデル新品」をチェックした。中古のマックミニを買って、モニターは目に優しい質の良いものを買う計画だ。しかし、旧モデルといっても決して安くなっているわけではなく、メモリもハードディスクも盛りに盛って販売しているので、新しいマックミニと値段が変わらないか、もしくは高いのである。おいおい、どこまで貪婪な会社なんだ。呆れるを通り越して嫌悪感すらある。
いくらなんでも1テラバイトのハードディスクなんて自分には必要ない。同じような金額ならいっそ新しいものにしようと考え、オンラインストアで最下位グレードのマックミニを買った。

上に物が置けるように簡単な箱をつくった

今度はモニターをどうするかがもう一つの選択になるのだが、今現在メインで使っている17インチのモニターはなんと16年前に買ったもので、一度メーカーに修理をお願いしたら、使用時間が短いという理由で無償で直してもらったことがある。今どきそんな会社あるだろうか?新品同様になって帰ってきたモニターに嬉しくなって、また次回購入する時はこのメーカーだなと考えていた。

昔はナナオという会社の製品

画面の真ん中にモヤのようなものと、物理的に画面の端っこをぶつけた傷くらい。
モニターの寿命ってだいだい何年くらいなのでしょうか

そんなわけで今回買ったのが、ブルーライトを68%もカットするという23インチのモニター。
そのうち慣れると思うが16:9のアスペクト比が最近の主流なのでしょうか、かなり横長の印象だ。

キーボードも他社製

マジックマウス?いらない。マジックトラックパッド?いらない。モノを大事に使おうとする弱者を冷酷に切り捨てるアップル製品はなるべく避けて、第三国の製品でうまくやってゆくことに意地になっている気がしないでもないが、時価総額100兆円の亡者に今までたくさんお布施してきた。
パソコンが突然壊れてすったもんだして、とりあえずではあるが何とか一件落着したけれど、必要経費だと割り切って次々と買い換えることなど到底できない。比較の対象ではないことは十分わかっているのだが、木工機械や手工具などは手を入れればしっかりと応えてくれるモノとの距離感や関係の塩梅が身体感覚として染み付いている人間にとって、パソコン関係のモノとの付き合い方がいちいち納得できないのだ。
ひとつ困ったのは、自分のホームページを自分で管理しているのだが、パソコンが丸ごと変わってしまったのでスタイルシートであるsassをコンパイルできなくなり、一体何から始めたらいいのかすっかり忘れてしまい夜な夜なジタバタしてしまった。

突然壊れたパソコン2

さっそく壊れたパソコンを修理するために、予約した時間に合わせて有楽町へ向かう。家電量販店によくある人とモノが入り乱れた喧騒の売り場をいくつもかいくぐり、修理受付がある7階へ辿り着くとカフェが併設してあるカウンターがあった。
念のためにバックアップも取ってあるし、取り立てて慌てる必要もないのだけれど、やることが山積している中でわざわざ持ち込み修理をお願いしていること自体に、なんとなく気持ちが焦っている。
予約の旨をカウンターにいる白いポロシャツの男性に伝えると、「こちらで少々お待ちください」とアイフォンの修理をお願いしている若いカップルの隣の席に案内され、5分ほど座って待っていると「私がお伺いします」と先ほどのポロシャツ男性が挨拶をする。なんだかちょっと白々しい感じもしたが、鞄からパソコンを取り出して、現在の状況と故障箇所が判明すれば部品の交換をしてもらうように伝える。
例によって電源ボタンの長押しから始まり、おなじみのSMCリセットやらPRAMクリアーやら色々試してもらうのだが、相変わらずパソコンはウンともスンとも言わず「こちらで詳しく見てみますので、万が一のためにバックアップはとってありますか?」と男性は鷹揚に確認して、ゆったりとした動作で奥のドアに消えた。

奥といっても天井や壁の形状から推察すると、ドアの向こうはせいぜい大人4人がタバコを吸うくらいの細長いスペースしかなく、その狭い空間で一体何を診断するというのだろう? 大抵は修理待ちの端末や引き取り待ちのパソコンがスチール棚に所狭しと並んでいたり、細かい部品をつまむニッパーやらペンチやら道具の数々と、何の書類だかわからない書類やファイルが雑然と置かれた雰囲気の中で、ホコリを飛ばす小型コンプレッサーの音など聞こえたりするものだが、奥の小部屋はシンと静まり返っている。ほんとうは修理といっても実はただの窓口で何もしていないんじゃないかと薄々感じながらさらに10分ほど待つ。
多少の期待もあっただろうか、修理すれば直ると思い込んでいたフシもあっただろうか、ポロシャツ男性が奥のドアからゆったりと出てきて、原因がわからないので修理センターに出すことになるといい、金額を尋ねると絶句の63,800円という返事。先日のサポートセンターでの電話であらかじめ聞いていた話とは全く逆の内容で、ネジを一本交換しただけでも一律53,000円をむしり取るアップルの金額よりもさらにマージンをのせた金額をいけしゃあしゃあと言うので、果たしてそれが税別なのか税込みなのかも一瞬で聞く気が失せてしまった。
「ノートパソコンの寿命は4〜5年って言われているんですよ〜」と追い討ちをかけるような言葉に心もポッキーのように折れて、やっぱり買い替えを検討してみます、、、と声を絞り出して席を立った。

別にサポートセンターの電話の人も、ゆったりとした白いポロシャツの男性も、決められたマニュアル通りにきちんと仕事をしているだけで、独りよがりの妄想を膨らませた変な客から勝手に腹を立てられるようなことは何一つしていないのだ。そりゃそうだ。落胆をため息と不安と焦りがごちゃ混ぜになった気持ちで、五階のアップルストアに並んだピカピカのパソコンと値札をひととおり交互に見て、別の売り場のエイスースやらレノボやらもなんとなく眺めて、結局何も買わずに人とモノが錯雑した喧騒のビルを後にした。

帰りの電車の中でいよいよ頭を冷やし、この際は製造販売元であるアップルに下取りしてもらい、何でもいいから買い替えの足しにするのも一案と考え、ものは試しとばかりに下取りを申し込むと下記の結果。

突然壊れたパソコン

今からおよそ5年くらい前だろうか、オンラインでノートパソコンMacbookAirを購入したのだが、それまで快調に動いていたにも関わらず、ある日突然システムが落ちて真っ黒の画面になった。
パソコンのクラッシュは慣れているので、用心深くバックアップも取っているのだが、突然やって来るとやはり動揺する。
あぁ、、ついに来たかと思いながら、パワーボタンを長押ししてみるものの、機械はウンともスンとも言わない。困った時のSMCリセットやら何やらを何度も試みるも何ら変わらず、無駄な悪あがきと頭ではわかっているものの、古いOSをゴソゴソと引っ張り出してきてMac OS X 10.6 (コードネームはSnow Leopard、そんな雪ヒョウがどこに生息しているのか見当もつきません)のDVDを外付けのドライブから読み込んで、壊れたディスクの修復を試みようとする。しかし、USBバスパワーのドライブは通電しているのに空しくDVDディスクが回転するだけで、すでに化石となったOSなどはハナから無視と決め込んでいるのか、相変わらずパソコン本体はウンともスンとも言わない。もはや手の施しようがなくなり、万策尽きる思いでアップルのサポートデスクに電話をした。

以前だったら電話をかけるのは苦手だった。
というのも、この極東アジアの島国からアップルのような世界的グローバル企業に電話をすると、受話器の向こう側で対応してくれるのは怪しい日本語を話す外国人のオペレーターで、「あのーちなみにそちらは、、、どこの国ですか?」と思わず聞きたくなるようなひどい電波状況で、耳障りなノイズと必死で言葉を聞き取ろうと受話器を耳に押し当て、電話を切る頃には左の耳も痛くなりヘトヘトになったことがあるからだ。
ところが、今回は違った。
落ち着いた日本人の男性が対応してくれて、携帯電話によくある雑音はあるものの、約20分にわたる電話越しの二人羽織のような遠隔操作と、あれやこれやの質問や応答、状況説明やこれからの対応などのやり取りを経て、何事もなく心穏やかに受話器を置いた。
やはり時価総額100兆円を超えるほどの超巨大企業になると、自分たちの利益だけではなく顧客のサポートもそれなりに手厚く行き渡ってくるのでしょうか。
結局、システムが落ちたままのパソコンは一切変わらず、残る選択肢としてはアップルに委託して一律53,000円の修理代金で直すか、または近所の正規プロバイダーで予約して、壊れた箇所だけを直す可能性を探るか、はたまた秋葉原あたりの雑居ビルで執刀するブラックジャックのような非正規業者に目をつぶって持ち込むか、あるいはいっそウインドウズも視野に入れた新品に買い換えるかの4択になった。


左のコマンドキーが一番光っている。

「古いものですからお金をかけて直しても、また他のパーツが壊れる可能性は高いですよ。」と、電話のオペレーターが買い換えを促す説得力のある言葉も耳に残っている。
しかし、わずか5年足らずの使用でゴミになるなんてあまりにももったいないし何より忍びない。それにこんなことを言えば元も子もないのだが、使い捨てるにしては購入金額に見合うだけの価値がそもそもあるものなのかと疑ってみたりもする。もう何年前だろう、「さまよえる廃棄パソコン」という本を読んで暗澹たる気持ちになったのを思い出した。
どうするべきかしばらく考えて、パソコンの修理が出来る正規プロバイダーを小型端末で探し、直近で予約可能な一番近いお店が有楽町のビックカメラだと分かる。
有楽町?おいおい、近所が有楽町なんてどうかしてる、と感じるも、JRのホームからすぐに見える昔デパートだった所だと思い出し、ビルの壁面に光るカタカナの赤いロゴを頭に浮かべるや否や、♪東がセーブで西トーブー♪って歌が脳内でリピートする。
なんてこった。
かつて池袋で浪人していたせいで能天気なメロディーが耳に刷り込まれていて、ウン十年という時を経て変な記憶のトリガーに引っかかってそれが鮮やかに復活したのだ。まったくもって大脳という名のハードディスクは不可解で、どうしようもない歌がメモリーを食い散らかしているという事実に呆れてしまうが、背に腹は替えられない。まずは修理予約をして起動しなくなったパソコンを持ち込み、専門家に診てもらった結果を聞いてから判断しようと決める。

裏刃セッティングブロック

工房には木材を加工する機械がいくつかあるのですが、ここ近年アップグレードしたいなぁと考えているものに、板の厚みを決める自動一面かんな盤というものがあります。
機械といってもピンからキリまであるのですが、使用しているのは松竹梅でいえば梅クラスの機械でしょうか。
主軸を回す2.2kwのモーターが一つ付いているだけで、送り速度の切り替えはアナログな二段階ギア、定盤の上げ下げは手動、贅沢を言わなければそれで十分、松クラスのものなんて中古で100万円近くもするし、あとで鉋がけすればいいんだと諦めてずっと使ってきました。
しかし鉋がけの量が多くなるほど、そして機械を通した後に逆目があった時などは特に、もう永遠と思えるほど果てしなく時間がかかってしまい、もうちょっとなんとかならないかなぁと考えるようになり、機械の裏刃をもっと寄せるためのゲージブロックを制作してもらった。

1/100ミリ単位の違いが仕上がりに差が出てくるのは経験済みなので、神経質に細かい寸法まで図面に描いたけれど、制作していただいた社長さんには難しいんだよと言われてハタと気づきました。
そりゃそうだ、プロだからといって寸法ぴったりに仕上げるのは金属だろうが木材だろうが簡単なことじゃない。

右の2セットは機械に付属しいる既存のもの、なんとなくよそ見しながらダラしなく面取ってますが、頼んだものはキリッとしてます。
いろんな状況に応じて荒加工から仕上げ加工まで、つくってもらったブロックをその都度付け替えて、裏刃を寄せたり緩めたり、最後の手鉋をかける時間が短くて済むように暫くはこれで頑張ってみます。